top of page

「377」体の部位

本当ちょっとしたことで、指を怪我した。怪我と言えないくらい、全然大したことなくて、作業中に不意に手をぶつけて、右手の親指外側の爪が若干剥がれた。

この大したことない些細な怪我が、生活する上で結構支障をきたすのに驚く。普段指の先の隅々までに意識を置いていないから、余計浮き彫りになって見えてくるんだろう。この部位はこの部位で、結構重要だ。

まず、ちょっとした袋を破る時、この部位に力を入れていることに気づく。カカオ72%のチョコレートをよく食べるが、1枚ずつ包装してあるからそれを破る時に痛い。 次に、Macキーボードを打つ時、スペースキーやカナ変換、矢印を押す時に使っている。しかも結構な頻度で押している。 ケータイの指紋認証も、右手親指をメインで使っているけど、絆創膏が邪魔でできない。これは一番厄介かもしれない。 他には、仕事上針を使う時があるけど、この部位が痛くてうまく力が入れれなくて困る。

顔を洗う時や、シャンプーする時、ちんポジを気にする時なんかにも支障をきたしている。

たかが体のほんの一部に過ぎない、右手親指の外側だけど、こんなにも駆使して使っているんだとちょっと驚いた。他の部位でもきっとそうだと思う。 使っていないようで案外使っているんだと思うと、どの部位も駆使して使っている人間の体も面白いもんだ。

きっと生活に置いて必要なものばかりがこうして残ってるんだろう。 そう考えると面白い。怪我しても得たものはある。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page