top of page

「367」一人の本質

人は悩んだり帰路に立った時、全く知らない土地や環境に一人で出かけたり、もしくは引きこもって、内なる自分との対話をし始める。ぼくが面白いなこの人って思う人は、過去にそういう時間を作ったことがある人が多い気がする。

人によっては数週間、人によっては何ヶ月とか半年以上とか、もしくは何年と。

そうやって実質的に一人になることで、対話する相手が誰もいないから、内なる自分と向き合う意外やることがないんだろう。いろんな判断を煽られるし、いろんな決断をその都度その都度でしなきゃいけない。悩んだ時、頼りになるのは内なる自分しかいない。もしくは周りの景色や空気。雑音や雑踏。そういったものが、判断材料になる。とかく、五感も優れるんだろうと思う。

だからこそ、旅をして自分を見つめたり、引きこもってひとりぼっちになることって、それが人生の内に一回あるかないかでは、その先の人生に大きな違いをもたらすと思っている。

ある人は、家に引きこもって、本、映画、音楽、アートと、とにかくあさりまくったらしい。

ある人は、数ヶ月間海外に行き、いろんな国を渡り歩き、真新しい世界を肌で感じてきたらしい。

そういった時期があることで、彼らはブレない”何か”を手に入れただろうし、また、その”何か”を知ってしまったんだろうと思うのだ。知ってしまったら、戻ってこられない世界を。

一人でいることは決して悪ではない。要らない情報や、社会や地位や権力など、全ての紛らわしく下らない虚構と自分をしっかりと分断して、内なる自分を知ること。一人でいることの本質ってそういうことな気がする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page