top of page

「365」積み重ね

日記を毎日書き始めて1年経ったけど、だからと言って特別な何かがあるわけじゃない。とりあえず区切りはいいかなと思ってるけど、記念の日になるわけじゃないし、喜びを讃えるようなものでもないから、いつもと変わらないただの1日にすぎないんだけど、唯一実感していることは ”積み重ねた” っていう実感だ。

自分としては、ずっと何かを続けることが苦手だと思っていたんだけど、いつからか分からないけど、続けることの方が得意になっていた。親友とジムに通ってからもう2年は経つし、タバコをやめたことも続けてるし、最近ではランニングも始めたし、何よりもモノづくりに関しては、ずっと思考することを続けている。何度もトライアンドエラーを繰り返し続けている。

そのどれもが ”積み重ねる” ことによって、着実に形になり始めてきているということだ。筋肉もちょっとずつ付き始めてきているし、体の不調も少なくなり、ランニングでも距離や速さが目に見えて変化してきた。

モノづくりの方では、物の進化はもちろん、考え方や思想までもがいい方向に変化してきている。これが何よりも目覚ましいと自分でも実感する。

ただやればいいというスタートを切って、いざやり始めたらもっとこうしようという意識が芽生え、その意識が明確になればなるほど、ただやっていても仕方がないから、もっとちゃんとやろうとするようになる。なんでもいいから始めてしまうのが一番手っ取り早いということだ。

あとは毎回の「1」をどんどん積み重ねるだけ。時間はかかってじれったいけど、誰も積み重ねてないようなものが出来上がったりする。そうなったらこっちのもんだ。積み重ねれば重ねるだけ、他の追随を許さなくなるだけだから。

自分で自分の山を作ってその頂点にいればいい。他の人は大概、どの山に登ろうかって周りを見渡して、登りやすそうなのを探してるるけど。実はそうじゃない。自分の山を作ることが、遠回りのようで、実は一番の近道になっている。

日記も毎日を積み重ねてる。ただそれだけだ。だけどきっと、自然とぼくらしい文章が書けるようになったり、ぼくらしい視点を持つことができたり、ぼくらしいインプットとアウトプットをするようになっていくと思う。何よりも、毎日何かについて考えるという自分らしい思考能力がついてる気がする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commentaires


bottom of page