top of page

「360」不義理

振り返ってみれば、たった30年弱の人生でも、自分は数多く不義理を起こしてきたもんだと思う。これからも、起こしてしまう可能性はあるけど、そうしないように生きていかなきゃならないと思う。

自分が不義理だったからこそ、不義理な人を見ると分かるというか。こういう言い方は好きじゃないけど、特に若いやつにそういうのが多い気がする。年配者からしたらぼくもその若いやつに当たるだろう。もちろん年配者にも不義理な人はいるけど。

なぜ不義理を起こすかという決定的な理由が一つあって。それは「自分本位」であること。どんな場合でも自分本位であるからこそ、不義理を起こすし、そういう人は見ていて分かりやすい。

例えば、誰かから相談を受けたとして、その人のために時間を割いて話を聞き、それに対して真剣に意見しても、結局耳を貸さなかったり。耳を貸す貸さないはどっちでもいいとして、”時間を割いたこと”に対しての礼がなかったり。

こういう問題の場合、”礼を求めて相談に乗っていない”ことは大前提としての話で、礼なんかいらないけど、何も言わなかったり、感謝の気持ちがなかったりすることって、非常に残念に思うということだ。

こういうことによく気付きやすくなった。こういうことを言うとおせっかいとか、口うるさいとか、そういう部類に入るんだろうけど、全てひっくるめてそれもこれも、全部お前のためなんだからな。と、いいたくなる。

今までぼくもこうやって思われてたに違いないし、今でも思われてるかもしれない。 こういった不義理を起こさないためにも、必要のない自分本位や我欲はちゃんと捨て去ろうと思う。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page