top of page

「358」あの時の一言

”あの時に言った一言が、全てがを決めた”

この言葉って、後悔してる場合にも使えるし、いい方向に進んでる時にも使える。

ぼくの場合は”後悔してる場合”の方で最もぴったりはまる言葉で、これまでの人生の中で、深く反省して、後悔していることがある。

とある映画の中で、立場は違えど同じような失敗をし、泣き苦しんでるシーンがあった。同じような後悔をしていた。

そういうのを見ると、自分だけじゃなかったんだ。と安心できる。

その時は、のちに決定的になるなんて思ってなくて、その時なりの最大限で放った言葉だったけど、数年後には、それが違ったということに気づかされた。

結果は過去にあるということを、まざまざと考えさせられる。 今この瞬間をしっかり生きていることで、今後はそういった場合の一言を、いいものに変えられるはずだと信じて、これから生きていこうと思います。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page