top of page

「357」散漫

ぼくは集中力が欠けやすいタイプで、確定申告の書類を絶賛作成中なんだけど、まず10ヶ月くらい溜め込んでしまったからずっとやる気が起きなくて。でもようやくかかり始めた。

ちょっとやり始めてから、コーヒーが飲みたくなったので、コーヒーメーカーのスイッチを入れると「カスウケ ヲ カラニ シテクダサイ」という表示が出たので、コーヒーの粉末のカスが溜まる部分を綺麗にした。

今度はそれに集中し始めて、カス受けのみならず、他の部品や内部洗浄もやり始めて、結構ピカピカに磨いて、ようやくコーヒーを飲む準備が整った。いざ粉末を入れてコーヒーを抽出。コーヒーが出来上がるまでに、今度は、個人事業用の小口現金の処理に取り掛かろうと思っていたから、ノートに領収書を貼るのはもったいないから会社のコピー用紙の裏紙を使用することにした。

すると今度は、その裏紙が貯めてある場所が結構グシャグシャになってるから、それを綺麗にし始めた。どうでもいい広告の紙や、客先からのFAXに、納品書の写しや送り状の写しなんかがあったから、全部が全部は裏紙にできないと思い、ジャンルごとにわけ始めた。重要書類のコピーとかはシュレッダーにかけないといけないから、適当に捨てることもできないのだ。

そうこうしているうちに、大分綺麗になってスッキリした。紙くずがたくさん出たのでゴミ箱に捨てようと思ったら、燃えないゴミが溜まっていたから、ペットボトルの中を水洗いして潰し始めて。。。それもようやく片付いて、確定申告書類の作成に戻った。

その時コーヒーのことは完全に忘れてしまっていた。

一体オレは何がしたかったのか。なんてバカなんだと自分ながらに笑ってしまい、このことを日記に書き始めてもなお、結局コーヒーを口にしていなかったことに気づく。

すっかり冷めきったコーヒーが、身に染みる。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page