top of page

「349」予想

ブラックミラーっていうNetflixのドラマを見ていて面白いのは、予想し得る未来の話が出てくるところだ。

例えば、ドローンが小型化されてミツバチの形になって、巣を作っていたり、さらにそれを全て監視できて、街に大量なドローンミツバチが放たれていたり。 他には、ジムでのトレーニングでポイントが貯まり、それが直接お金のような価値を持ち、さらにそれで人間の階級というか振り分けられる住まいが変わっていたり。

なんとなくどれも予想し得る未来で、見ていて面白い。 じゃあ実際にはどんな未来が予想できるだろうか。

まず車の自動化は絶対だろう。お金も物質ではなく全て電子マネーに切り替わっていて欲しい。地方の田舎もインフラが整って、インターネットはもちろん、スーパーなどに行けない高齢者などの自宅へ食材を自動配達してくれるシステムもできて。それか自動運転のバスが走ってて、街まで行ってくれるとか。無料で。 あと役所仕事をほとんど自動化にして欲しい。まず土日休みとかどう考えてもおかしいし、対応も悪いなら機械の方がまし。

他にも移動で言えば、もっと海外へのアクセスが手軽になると思う。飛行機だって改良されて、電気飛行機になって、チケットがもっと安くなり、飛行機も自動化されたりとか。旅客船が自動化されたりしてもいいかも。

もっといろんなことが実際には動き始めていると思うけど、きっと全ての”手間”や”面倒”が自動化されて行くのは間違いなさそうだ。

だからこそ、反対に物質的な、肌と肌の、コミュニケーションの価値がグンっと上がると思う。ある人が「握手の価値がもっと高くなる」と言っていたけどまさにそうだ。

こうして両極端になっていくのは安易に予想できる。考えれば考えるほど、きっとどんどん無機質なものが増えていくんだろうな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page