top of page

「347」月末

毎月暦の上で、必ず一回やってくるのがこの月末ってやつで、大概お金が入ってきたり、出て行ったりする日にちだ。

今月は使いすぎたなーと思いつつ、来月(明日)からはしっかりと自分を奮い立たせてやり直そうとしたり。今月は頑張ったから、月末の給料日の今日はパーっと飲みに行くか!とか。いろんな月末が繰り広げられていると思う。

ぼくも同じように個人的にはそんなことがありつつも、大概は会社の資金繰りのことを考えさせられている。ちょっと足りない月があったり、ちょっと足りる月があったり。毎月毎月のこの時が一番ぼくとしては、楽しくはない時だ。月末の日は、仕事もほとんど手につかず、お金のことばっかりやらなきゃならないから。

ゆとりがあって、軽く毎月クリアーできていればそんなことはないと思うけど、まだまだそんなゆとりある会社じゃないから、頭を悩ませていたりもする。

それと、明日の3/1を皮切りに、4/1よりまた仕入先業者の価格改正があり、原材料の単価が上がる。そういうことが起きるのも月末を境に行われる。原価が上がれば、ぼくらの売値も上がる。明日から、ぼくらも価格改正の書類を作り始めなきゃいけない。億劫だけど、そういうことをやらなきゃならないのが、ぼくにとっての月末だ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page