top of page

「345」妄想

仮に、ぼくがこうして服の仕事をしていなかったら、どんな人生を送っていたんだろう。って思うことがある。余分な考えかもしれないけど、そうじゃなかった時、自分は何をすることが出来たのかを考えてみる。

接客業に向いてる、と自分では思っていて、高校時代のバイトはうどん屋のホールとか焼肉屋のホールとかをやっていた。今思えばなんて安直な考えだったかと、世界の広さを全く知らない自分にもっと色々教えてあげたい。

小中高とサッカーを続けてきたけど、能力はないけど、なんでかずっと続けることは出来たし、中高と弱小校で、周りがどんどん辞めていくなか、自分は辞めないでずっと続けたということに対しては、今となって誇りに思っている。辞めることは出来たけど、きっと辞めたら周りと一緒で終わりだなって思ってたし、燃焼したかったんだと思う。結局高校生活全てが完全燃焼とはいかないまま終わった。

良い部分だけみると、活発で、何かを頑なに続けることが得意だという性質を持っている。それが空回りしていたんだなーと、こうやって振り返って感じる。

もっと広い世界を知るためグローバルにワーホリとか留学でもなんでも良いから海外に行って、そこで見つけたものに熱中して打ち込むことも出来たように思う。それがもう一つの人生だとしたら、どんな”今”を過ごしてるんだろうと、興味が湧いてくる。でも結局現在の人生がリアルだから、これらはただの妄想にすぎない。

幾度となく迫られた選択を選んで、こうして現在のぼくになっているのは間違いない。だからこそ、考える意識や感じる意識が芽生えている今からの選択は、もっと研ぎ澄まされたものにしていきたいと思う。

結局、あの時ああしておけば良かったって、後からならなんとでも言えるよな。妄想は自由にしていいけど、リアルをしっかり感じて、リアルをより良いものにする他ない。そういう意味ではこれからの自分には大いに期待している。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page