top of page

「343」ドキュメンタリー映画

映画を見に行ったんだけど、だいたいファッションブランドのドキュメンタリーって、期待してたのと違うって思うことが多々あって、今回の映画も正しくそうだった。

要するに、ドキュメンタリーって、「嘘偽りなく実際のままである」ということだから、人や物に対しての周囲の人のドキュメントを用いて、人や物の本質を探っていくようなものだから、実に淡々としていたりすることが多い。

だから、ファッション界という華やかな世界の中にいる人なのに、思ったより華やかじゃなかったり、冷酷そうなイメージのブランドの人でも、やっぱりこの人も人間なんだなって思わされたりする。そういうギャップが面白かったりするはずだけど、やっぱりそれにはある程度の脚色力が必要だなーと思う。脚本って大事だなーと思わされる。

ただ黙々とその人や物のことを、周囲の人たちの話だけを聞いて進んでいくのは、やっぱり退屈だったりする。その周囲の人たちの話し方が面白かったりトーク力があったりすれば、そういう意味で面白かったりするけど。。

だからそういうドキュメンタリー映画を見てしまうと、やっぱり、想像の中のままで終わらせておいた方がよかったなーと思う。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentarios


bottom of page