top of page

「340」まるっと7年。

母親が死んでからまるっと7年経った。知り合いの人や、周りの人で、親近者が亡くなってて、例えば10年経ってる人とかに会うと、その悲しみとかはもう克服してて、完全に過ぎ去りしモノだと勝手に思い込んでたけど、7年経った今でも、悲しみは込み上げてくる。そりゃあ死んだ当時の時を思えば、その悲しみを受け入れてるから、それほど辛いものじゃないけど、でも、10年経とうが20年経とうが、ずっと悲しみは消えないんだなーと感じる。

母は長年連れ添った病気が原因で死んだ。容体が悪くなった死亡の2日前は、当時ぼくは東京にまだ住んでいたけど、たまたま岐阜に帰省していた時だった。その日がちょうど東京に戻る日で、すでに体調が悪そうだったのが、今でも脳裏に焼き付いている。

前日の夜中に親父からメールが入っていて、ちょっとおかしいかもしれないと。当日の朝、親父から、今度は緊急招集がかかった。大至急帰って来いと。その時のぼくは、急に動揺しまくって、いろんなことが手に負えなくなり、早く電車に乗ればいいものの、訳も分からず後回しでいい郵便物を出しに行ったりと、気が動転してたのを今でも覚えている。ぼくが岐阜の駅に着いたのは、13時頃で、そこからタクシーに乗って病院に向かった時には、母はすでに息を引き取ってしまっていた。

あと30分早く帰ってれば、心肺が停止する前に間に合っていた。 それがぼくの唯一の、声を大にして言いたい最大の後悔だ。そのことを思い返すと、今でもグッと込み上げる。

そんなことがあってからまるっと7年。母が旅立ってからちょうど7年。 それがぼくにとっての今日という日だ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page