top of page

「335」寝ること

一昨日は、なんか無性に眠かったからガツン!!と寝ることにして、夜の9時くらいに寝た。次の日の朝は8時まで寝た。途中夜中の4時くらいに目が覚めたけど、それでもまたすぐにガツン!!と寝た。

特に疲れが溜まってた感じもないし、風邪を引いていたとかじゃなくて、なんとなくいつもみたいに本を読んだり、作業したりってのに全くやる気が起きなかったから、ご飯を食べてからすぐに眠ってやろうと思っただけだ。

翌朝はものすごいスッキリしていて、体調がシャカリキよくって、頭も冴えてるような感覚だった。肌の張りも良いし顔のむくみも全然なくてスッキリだ。普通、大人になってからこれだけ寝ると、体がだるくなったり、ぼーっとしたりするんだけど、そういうのが全くなくって、知らないうちに疲れが溜まってたんだなって思う。

そういう時はいつもはリラックスするためにお風呂にゆっくり入ったり、体が温まる飲み物を飲んで、って、じっくり体を労ったりすることをしてたし、その方が良さそうな気がしたけど、今回思いっきり寝たのが思いのほかすっごいリフレッシュできた。

人間が毎日しっかり寝るって行為は、ものすごい貴重な時間で、人間が眠くなるという身体の特徴?というのはやっぱり理にかなってるんだなと感じる。生きるためにしっかり寝る。なんか今は時短だのなんだのって、睡眠をろくにしない人がカッコイイとスゲーとか取り沙汰されてるけど、ぼくはそんなことはないと思う。 人間はしっかり寝た方がいい。たくさん寝ることは”豊か”だ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page