top of page

「330」本当に良い物

手作りだから良いとか、思いがこもっているから良い。とかだけの基準だと、本当の良いには辿りつけない。良い物ってなんだろうっていう話になると、大抵はそこで思考が止まってる。ぼくが言いたい良い物ってそういうんじゃなくて。

だってそれだったらSNSで自称クリエイター、自称デザイナー、自称フォトグラファーが作ってる作品全てが良いことになってしまう。本当にそうだろうか?本当にそれが良い物なのか?

そういうのが多すぎて惑わされていると思う。例えば地方各地で”なんちゃらマーケット”とかがよくあったりするけど、そこに出てるものは大抵そういった今流行りのクリエイター的な人が作ってる物。中にはもしかしたら本物があるかもしれないけど、だけど殆どはどこかですでに見たことある物ばかり。みんな〇〇風の物を作っている。”良さげ”な物を作っている。だからすっごい分かりづらい。

ぼくが言いたい”良い”ってそんな生ぬるい物じゃなくて圧倒的に次元が違う良さの話。だから人とモノづくりの話をしてても、大抵その基準が圧倒的に低くて噛み合わないからガッカリする。

ハッキリここで言っておこう。

本当に良い物は、衝撃を与える。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page