top of page

「327」約一年

思えばこの日記を書き始めて、もうすぐで一年くらい経つ。なかなか続けることって難しいし苦手だけど、なんとなく続いたもんだ。

日記を書き始めたのも、確かSNSをやらないで、日記にしっかりと日々のリアルを書いて行こうって思ったのが理由だったと思う。時間が経ってるから当時どういう心境だったかは忘れてしまったけど。

だけど、今日の分の日記を書かなきゃとか、書きたいことがたくさんあるから明後日くらいの分までまとめて書いたりとか、ちょっと遅れながらでも、なんとか記事を書いたりとか。そうやって約一年くらいをしのいできた。人間誰でもやり始めればなんとかなるもんだ。

途中、アクセス数を気にしたりもしていたけど、今では正直どうでもよくなってきた。たくさん見にきて欲しいとか、やっぱりそういうのが目的ではないからだ。

日記はこのまま続けるかどうかは気分次第として。次に思ってるのは、SNSを全くやめてしまおうかと思っている。ただ今までみたいに投稿をやめるだけじゃなくて、アカウントさえも消してしまっていいかなって。

SNSをただなんとなくやるのって”本当の意味で無駄”だ。人生において、”無駄”って実は結構重要な要素で、現代社会の中ではその”無駄”が取り除かれ、どんどんつまらない世の中やものづくりにになっていっている。だけど、SNSの無駄さは、ぼくが言ってる”大切な無駄”じゃない。厄介な無駄さだ。本当の無駄だから。だからこそ漠然とやってても何も見えてこないしタメにならない。

だけどこうして一年日記をやってみて思ったのは、自我が固まりつつあるから、言ってることの根本は同じことばっかりだな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page