top of page

「318」夢はでっかく

小中高と学生時代を過ごしてきて、唯一覚えている先生が一人だけいる。 寺田先生と言って、180cmで100キロほどの、まるで熊のようにおっきい先生だ。当時先生は30後半〜40前半くらいの年だった。

その先生が、卒業式の時に語った事を覚えている。 「小学校の記憶って、今現時点で君たちは覚えているだろうけど、大人になるとそれが断片的になり、ほとんどが思い出せない。だから、今を一生懸命生きるんだよ」と。 その言葉の全てをハッキリと覚えていないから、綺麗に言い直してるけど、でも鮮明にそんな事を言ってたと覚えている。

今になって、この素晴らしい言葉を言ってもらえた事に感謝している。きっとこれからの人生で先生と会う確率はほぼないだろうけど、先生の記憶はぼくの中にしっかりと残っている。

もう一つは「夢はでっかく」と言う言葉だ。黒板いっぱいいっぱいを使って、先生らしくでっかい文字で書いてくれた。この言葉は、今でもぼくの心を保ってくれている。高校卒業の時、みんなの卒アルにお互いが何かを書きあっていた。ぼくはいろんな人の卒アルに「夢はでっかく」と書いた。その時の女子とかにはちょっと引かれたのを覚えている。その時はちょっぴり恥ずかしかったけど、30代になった今では、あれを書いてよかったとつくづく思う。

きっと彼ら彼女らがその卒アルを見る事はもうそれほどないだろうけど、もっと大人になってもし見る機会があった時に、ぼくの「夢はでっかく」という言葉をみたとしたら「確かにそうだよな」って思えると思うから。大半の大人って、後悔の上に生きている事が多いと思うから。

でもぼくは「夢はでっかく」が、ずっと頭の中にあるから、きっと他の大人よりも後悔は少ない。後悔した事があったとしても、それでも「夢はでっかく」が救ってくれる。

寺田先生がたくさんの生徒に送った言葉が、ぼくというごく一部の生徒の心にこれほど残っていて、その言葉がまた誰かの元に飛び立って行き、またその先もあるかもしれない。その伝達って、フォレストガンプにどこか似てて、好きだ。ぼくがフォレストガンプって言う映画が好きな理由も分かる。

「夢はでっかく、今を一生懸命生きる」

ぼくが今やってる事のルーツは、実はここにある気がする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Opmerkingen


bottom of page