top of page

「313」ワンちゃんを飼うこと

ぼくの場合、けっこう軽い気持ちでワンちゃん(名前はムータ)を飼い始めてしまって、ペットを飼うのに”軽い気持ち”だなんて、本当にひどい考え方だったなって後になって気がついた。

当たり前だけどワンちゃんは立派な生きもので、お腹も空くし、便も出る。感情もしっかり持ってるし、体調も良し悪しがある。でも言葉を話せないから、こちらがどれだけ読み取れるかにかかっている。表情から感情を読み取ったり、行動から読み取ったりと、あまり放っておくことのできない。

それに夜外出する時はどうしてもお留守番してもらうことになる。家には他の家族がいるにしても、ムータはぼくの部屋で一緒に生活していて、寝るのも一緒。だから、基本的に他の家族がずっと一緒にいるわけじゃない。ムータは一人でぼくの帰宅を待っている。ポメラニアンだから余計なのか、一人が無性に辛いらしく、あまりにも放っておきすぎると、いじけて普段しないような所でオシッコをして反発してくる。

こういう全てのことが大変だからだとかじゃなく、改めてぼくらと同じ”生きもの”なんだから、簡単に”飼う”なんてことを考えていたぼくは、非常に未熟だったと思う。

めちゃくちゃ可愛いけど、時には叱ったりもしなきゃいけないし、人間の子供と全く同じだと思う。ぼくには一つの命を請け負った責任がある。ペットを飼うということは、それだけ自分がしっかりしなきゃいけないということだ。

ムータは現在5歳半で、生まれたての2〜3ヶ月の時からウチに来てる。もうかれこれ5年も一緒にいる。だいたい一般的には後10年位?は生きてくれるけど、そう考えるとけっこう短いなぁって寂しくもなる。

実家でも今まで何匹も犬を飼ってきてたから分かるけど、いつか必ず別れが来てしまう。飼うことは同時に別れること。まだそんなことまで現実的に考えれていないけど、ムータの次にペットを飼うということは、もうきっとないと思う。いなくなることを想像しただけで、ものすごい寂しいから。飼うってそういうことなんだよな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page