top of page

「311」お父ちゃんお母ちゃん

ぼくらの縫製業界の中では、まだまだ年配の方が頑張ってお仕事されている。外注の方で70代の方もいたりするんだけど、この世代の人達って面白いもんで、「お母ちゃんの存在」がないと、結構なにもできなかったりする。

これは決して失礼な意味じゃなくて、お母ちゃんの存在は偉大だってこと。ちなみにお母ちゃんというのは、ご主人の奥様ってこと。

ぼくのおじいちゃんも、おばあちゃんの存在がないと、なにが何処に閉まってあるのか?とか、ご飯の支度や洗濯物の置き場所、全ての在り処が全くもって分からないもんだ。

外注のおっちゃん達も、だいたいその世代の人達って、お母ちゃんと一緒に個人事業としてやってて、伝票を切ったり、お金の管理や、納期の管理、品番の管理やなんかに至るまで、必ずお母ちゃんとぼくがやりとりしている。お父ちゃんに聞いても、全く理解してなかったりするから面白いもんだ。

お父ちゃんは職人気質の人がほとんど。だから作り方なんかを質問したらいろいろ教えてくれるしものすごい頼りになる。また、お母ちゃんは、そんな堅物なお父ちゃんに勝手なことを散々言われながらも、支えてるのがものすごい偉大だ。結局のところ、お互いがそれぞれ存在しないと成り立たないんだな。

そういうのを見ていて、ずっとその調子でやってきたんだろうなって想像できるし、喧嘩しながらでも長いこと二人でやっているっていうのは、やっぱりそこに暖かみを感じる。それに結局のところ、その二人だから長く連れ添って来られているんだろうと思うし、そういった結束も強く感じる。

自分自身、おっきな企業という存在に正直憧れはあまりなくて、じゃあどんな風にこの先モノづくりや販売をしていきたいかって考えた時に、そうやって小さいながらも、こじんまりとしながらでも、とにかく長く続けていけるような企業であること、もしくは個人でありたいと思っている。

夫婦で一緒の仕事をするっていうのは何かあった時に共倒れになっちゃうから正直今まで絶対にないな。って思ってたけど、こうやって外注さんを見てて、将来的には”お父ちゃんとお母ちゃん”っていうような、夫婦で営むっていうのもけっこう悪くないかもなって今は思ったりもする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page