top of page

「309」色

映画を見に行って、色が持つ情報や、色が持つ意味、色が放つ力、そんなことを少し考えていた。

自分たちが生きている中で、今まで色というのはどれほど影響を与えてきたんだろう。春の陽気や、夏の日差し、鮮やかな紅葉とか戦慄の雪景色とか、季節だけでもこうやって色によって結構支配されていると思う。

今回の映画の中で見て印象に残ったのは「青みがかった色」だった。分かりやすいイメージだけど、青い色がかかってるからより冷たく、孤独で、冷酷で、といった印象をより強く観客に意識させることができていたと思う。日が当たってる場所でもなぜか寒そうだし、夜なんかはより一層不気味な雰囲気に仕上がっていた。

こうやって、ただ単色で、はっきりとした色だけが世界にはあるわけじゃなくて、もっと言葉にできないような、曖昧な色もたくさん存在する。

そうゆう曖昧な色を、きっと今までの人生の中でも、自分の目でたくさんの色を見てきているけど、それは色として認識しているよりは「思い出」だったり「雰囲気」として覚えている気がする。それはある種匂いとかにも似ている気がする。

これほどまでに色を意識して観たことはあまりなかった。だけど振り返ってみると、観てきた映画の雰囲気をけっこう色味で覚えている気もする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commentaires


bottom of page