top of page

「306」やりたいこと

「やりたいこと」をやること。それって基本的にはなかなか簡単ではないんだなぁって思う。

ぼくは、今の縫製工場という仕事は、幼少期や少年期の頃は好きじゃなかった。実家の一階にたくさんのパートさんが来たり、中国からの研修生が来てたり、小学生〜高校生になるくらいの頃までは、当時は「実家なのにゆっくりできない」という感覚があった。それに、学校から帰ってきたらたまに手伝わされたりなんかして。そういうことがあって、家業そのものがカッコイイだなんて思っていなかったし、”縫製工場”という日の当たらない、モサイというかダサいというか、そんな仕事は嫌だった。

それでもなぜか服やファッションには興味があって、高校卒業後はセレクトショップで働いた。それからすぐの段階で、いろいろあって、そのいろいろあったことは自分の力ではどうすることもできず、実家の仕事をするようになった。最初はイヤイヤやってたことを結構覚えている。

だって、いいものを作る意味や理由、なんでこんなことやってるんだろうか?と、19や20のぼくには分からなかった。それから、ひょんなキッカケで意識がガラッと変わってきて、行動が変化し、そのことによって「やる意味」「やる意義」が備わってきたと思う。今ではこの仕事は好きというより「やりたいこと」にすっかり変わっている。

そうなるまでにいろんな方に意識が散乱して、ちゃんと考えがまとまるまでに、思えば結構な時間を経過してきたと思う。だから、基本的には簡単じゃないよなって思うのだ。

だけど、自分は何がやりたいか?とか、自分はどうなりたいのか?とか、ずっとどこかで考え続けてきたと思うし、もしかしてこれは面白いんじゃないかってことは、試してみたりしてきた。ただダラダラしてきたわけじゃなかったから、やっとこうして見つけられたんだなーと思う。

簡単じゃないけど、見つけられる。次はそれを長く長く続けることだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Komentarai


bottom of page