top of page

「304」手前と奥

おじいちゃんが使ってる言葉で「手前が深い」という言葉があった。どんな意味?と聞いたら「欲が深い」という意味で、手前=欲であり、欲=自分自身の心だということだった。こういう言葉ってパッと聞いて非常に面白いと思う。

そもそも”欲”とは、自分にとって好都合のものであるから、自分自身の中に深くあるもので、それを”手前”と言う言葉で表現するんだから。

この言葉が聞けた理由というのも、おじいちゃんは昔から鮎釣りをしていたんだけど、年齢や体力的にもしんどくなりもうやらなくなり、竿やその他釣り道具一式を近所の人に譲る時、一人の人が全部もらって行ってしまったらしく、その時に「あの人は手前が深い」と感じたらしい。周りの人に分けることなく、全部自分のものにしてしまったその様子を”手前が深い”と言っていたのだ。

手前って言葉だと他には、手前味噌とかも言ったりする。手前味噌とは、調べたところ簡単に言うと自慢話のことを言うらしいけど、やっぱり”手前”という言葉は自身の内側に存在することなのだと言うのがわかる。

じゃあ今度は反対に”お前”って言葉はどうだろう。これは調べてないからあくまで推測だけど、現代では暴力的な、強めの言葉に感じる。しかしよく考えてみると丁寧語の”御(お)”を付けていることに気づく。

例えば”お箸”とか”お味噌汁”とか”お賽銭”とか、言葉を丁寧にする場合は御を付けているから、”お前”は相手を尊重しているのかなぁなんてことに考えが及ぶ。 とゆうことは、御=奥という言葉の”お”から来てるんだろうか。。

そう考えると「手前浅く、おく深く」できることが非常に綺麗で品があるなぁと感じる。そうありたいと思う。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commenti


bottom of page