top of page

「294」じっくりコツコツ

この日記を広めたいなんて全く思っていなくって、むしろ逆で、ひっそりとやっていて、全く知らない人というかフォロワー?が数人だけ、いつも勝手に見てるって方がぼくは面白いと思っている。多くの人が見ても面白くないと思うんだよな。

だってぼくはタレントじゃあるまいし、ただ気持ちをアウトプットして整理するためだけの日記だし、元々誰かに求められてやってることじゃないから「こんなことやってまっせー!」って大それて言いたくない。そんなのは恥ずかしいからしたくない。

だからSNSでシェアして知ってもらおうという行為を一度もしたことない。 ただモノづくりや普段の生活によって溜まるフラストレーションをここに吐き出したりしているだけ。

そのお陰もあってか思考や思想も少しずつ基盤が出来てきたようにも思う。頭の硬い人にはなりたくないから、必要な情報を仕入れたり本を読むことも相変わらず続けている。展覧会や美術館も行ってるし、そういうのが習慣付いてきたし馴染んできた。

じゃあそろそろ情報を仕入れたし整理して外に向けて大きく発信しますか!ということにもならない。それはなぜかって言うと、多くの”そういう人”たちと一緒になりたくないからだ。そういう人ってのは、何者でもないのにわーわーと言う人。そういう人は苦手だし、本物から一瞬で見透かされることだって分かっているから。

だからじっくりここで密かに自分と向き合っている。 成功法なんてものは存在しないと思うけど、ぼくにとってはこのやり方が一番しっくりきていて成功法に思う。

だからこれからもいちいち指図されずに、やっていきたいと思っている。 何事も、じっくりコツコツが一番いい。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page