top of page

「285」FPS(一人称)について

全ての人間が、ゲームでいうならFPS(一人称)の視点で生きているんだなーって考えると面白い。PUBGとか荒野行動のように。何をするにも、何を見るにも、全て”自分目線”でしか物事を見れないし、そこに客観性というのは本来なかったんだろうなって推測する。

「自分の目で見たものだけが真実」という概念がもっと今より強かったように思う。

鏡というのがいつ出来たか知らないけど、鏡で自分を見れる様になって初めて、TPS(三人称)の視点が生まれたんじゃないかなって思う。だから鏡がある以前と以後では、物事の考え方がガラッと変わったに違いない。鏡を作った人間って、本当に素晴らしい。時代や世の中を変えただろうな。きっと当時は今のインターネットやスマホみたいな価値なんだろう。

まず、そもそも自分の容姿とかを自分で見ることは出来なかったし、例えば相手から「かっこいい」「可愛い」と言われても、その言葉を信じる以外なかったんだろうし。幸か不幸か、どっちがいいとは言えないな。

自分の容姿が見られる様になって、第一印象っていうのなんて正に容姿でいろいろ決まってくることだろうし、容姿端麗の人はずいぶん得してるだろうし、そうじゃない人はそれなりに苦労することもあるだろうし。。その逆とかもあるだろうけど。

自分の中に三人称の視点が加わったことで、社会が出来上がったり、道徳が出来たり、客観性が生まれたように感じる。

だけどその客観性も、最近は度が過ぎてるようにも感じる。本当に思ったことを言えなくなっていたり、社交辞令や忖度なんて言葉も存在するくらいだから。

そういう意味でも幸か不幸か難しい。FPSのゲームをやりながら、ふと思ったことだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page