top of page

「282」飲み会

飲み会に行ってもキッチリ終電では帰るようになった。いや、これ結構当たり前かもしれないけど、今までのぼくだったらそのままダラダラと飲んで、楽しくなっちゃって終電を逃すことが当たり前だった。そのまま朝方まで飲んで騒いでグダグダになってることが多かったから、その頃のぼくからしたら、ずいぶんましになったと思う。

いわゆる判断基準や価値基準がしっかりと明確になってきたんだと思う。飲み会で、2時間〜2時間半くらいみんなと話したら、それなりに状況もわかるし、まあたくさん話してない人がいたとしても、気になればまた聞くだろうし、そうじゃなきゃそれはそれでしょうがないと思う。

それよりも、まず自分の体を大切にしたいし、次の日がまたやってくることに備えておかないといけないという使命感的なものも生まれてきている。だってそれは、自分の人生なんだから、時間管理や体調管理はしっかりしないと、自分の人生が短くなるか、もしくは病に悩むか、そうなるに決まっている。

もちろん、深く話し込む相手だっている。深く話し込めば、飲み会とは違って朝方になってもしょうがない。それはそれで貴重な時間だろうし。

要するに、ちゃんと分別できるようになったなと自分でも感心している。 忘年会、新年会のシーズンだけど、どうやらぼくはそんなに会ばかりをする必要はなさそうだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page