top of page

「278」イヤナコト

友達とLINEしてて、ぼくが嫌なのはハッキリしない人。 例えば最近で言えば「年末年始に帰省するから、集まるか?」というLINEだった。 これの何が嫌かって言えば、お前が集まりたいなら「集まろうぜ!」とハッキリ言えよ!ってなる。本当にイラッとする。

これって深く掘り探ると自分に責任が取れない人の行動(行為)だと思うのだ。

他にもイラッとしてるのは「今日の夜暇?」とか「何月何日なにしてる?」っていうLINEを送ってくる人。これのなにがイラッとするかというと「で?用件はなに?」って、こっちからいちいち一回質問を入れないといけないこと。ぼくはそれが本当にめんどくさい。

最初っから「今日の夜、〇〇と一緒に飲むんだけど暇?一緒にどう?」とか「何月何日に〇〇に行くんだけど一緒にいかないか?」とか、初めっからしっかり用件を言ってほしい。もちろんその用件によって、行くか行かないかとか決める。

「今日の夜暇?」と言われて「まあ暇やけどどうした?」と返すと「じゃあ〇〇と飲むからこいよ!」みたいな。「いや辞めておくわ」と言うと「いや暇なんやろ?なら来れるやろ!」みたいな感じに決まってなる。これって後出しジャンケンと全く一緒で、こうされた時にこっちの逃げ道が全くなくなるのが本当に嫌だ。

このような巧妙な手口に今まで何度引っかかってきたことがあるか。さすがにもう最近ではこういうのはマジで嫌だから「なんで?」とか「なにがあるの?」とか先に聞くようにしている。ていうかそもそもその質問をさせないでくれ。頼むから。

本当によくないと思う。こういうの。なにが良くないかって、結果的に自分の時間を侵害されるということ。こういう人は大抵腹黒い人が多く、最終的に何かあれば人に責任を押し付けるような人が多いと思う。(完全に個人的偏見)

ぼく的に思うのは、初めのメッセージから用件をしっかり説明してくれるような人は、だいたい信用できるということ。(完全に個人的偏見)

という話。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page