top of page

「274」親子の関係性

すでに十分理解してることを、それでも耳が痛いくらい改めてちゃんと言ってくる。それが親なんだな。

親父と近所のお好み焼き屋に行き、先日の嬉しかったことの報告をした。 もちろん喜んでくれてるが、あまり顔や言葉には出さず、それでも、回り回って別の人から、親父が喜んでたことを聞いていた。それにLINEで直接やりとりした時も、きっと喜んでくれてた。しかし面と向かってだと、どうも厳しくしたいらしいのが、親父ってもんだなと。

そしてこれから始まっていくことに関して「この先きっと人の雇用が必要になるけどその場合は、、、」だとか「固定費を抱えることに関してはこれから、、、」だとか、この先のことが心配で心配でならないらしい。

ぼくからしてみたら、散々言われてることだから重々承知で、分かってる分かってる。と、なる。だからそれなりに聞き流す程度に聞いているけど、それでも何度も同じように経験談を語ってくる。

それがきっと親であり、これはまた愛情の裏返しなんだろうなと、心の中では微笑ましく聞いていることにした。

きっと年齢をこれから重ねても、この関係性は変わらないんだろうなと、そういう話。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page