top of page

「273」ゆる〜い

基本的にぼくは”ゆるい”のは好きじゃない。例えば性格がおっとりしてるのとゆるいのは違うし”ゆるいのが好き”ってのはよくない言葉だと感じる。

音楽のアルバムで例えると、アップテンポでズバッと腹にくるような曲があって、その先の流れでメローな感じが入ってきたりしてるのならいい。でも、ただただいつでもゆるいだけってのは、なんかぼくは好きじゃないなー。

「ゆるい」って言葉が、なんだかある種”逃げ場”のようにぼくは聞こえてしまう。現実から目を背けてるような、自分にとって嫌なことは面と向かって受け止めたくないというか、そんな、自分に責任がないように見えてしまうのだ。

例えば一緒に何かを取り組もうとしてる人が「まぁゆるく楽しく行きましょうよ」とか言うもんなら、ちょっとその人とは一緒に何かやりたくないな。。厳しいことから逃げることで、良いものは生まれないと思うから。

そうじゃない人もいるのはもちろんだろうけど、例えばSNSやなんかのプロフィールでも「ゆるーく生きてます」的なのをみると、あぁぁぁ。。。と、なんかぼくはダメなんだなー。

別に自分がガツガツ厳しいわけじゃないけど、そう感じてしまう。具体的にどうっていうのはないけど、なんか”ゆるいだけ”ってのは、”本当の面白さ”とはちょっと違うと思うんだよなー。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentarii


bottom of page