top of page

「271」興奮状態

すっごい嬉しいことがあって、この興奮をすぐ伝えたくて、有楽町の駅のロータリーで親友と長電話していた。

電話したのは駅から約5分くらい離れた場所からで、駅に向かいながら話し歩いていたらしく、最初は周りの景色も入ってこなくて、自分だけの世界に入ってるような感覚で、どこをどうやって歩いて辿り着いたのか分からないまま、気づいた時には駅のロータリーをウロウロして、どこかに留まることなく、とにかく話しに夢中になっていた。

興奮が少しずつ覚めた時に気づいたのは、ぼくはロータリーのど真ん中で話していて、目の前や真後ろ、真横をたくさんの人がぼくのことを邪魔そうにしていたけど、そんなことにさえずっと気づかなくて、我に返って気づいた時はちょっと恥ずかしかった。

こんな興奮状態になることって、日常生活の中でなかなか無い。 この状態って言葉にするとなんて言うのだろう?

製品が出来上がった時は「これヤバイかもしれない!え?どうなんやろ?いや、マジでめっちゃヤバイんじゃねーか?」と、よくわからない興奮状態になったことを覚えている。それが本当にヤバイかどうか、確認したくて、見せたくて、親友にわざわざ見に来てもらったりした。

そんな興奮状態を表す言葉を探しているけど「興奮状態」意外に見つからない。

ヤバイでは抽象的すぎるし、ハイではちょっと危なすぎる。 もっとなんかこう、適してる言葉は無いかなー?きっと誰かこの言葉を見つけた人はいるかもしれない。同じ経験をしたことがある人ならわかるかもしれない。見つけた人がいたら是非教えてください。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

תגובות


bottom of page