top of page

「267」説明はいらない

だいたい説明がありすぎると、リテラシー能力は低くなる気がする。 説明が無いからそこに想像が生まれ、考える思考が高まり、調べる興味が湧いてくる。

つまらないなと思う映画やなんかでは、いちいち色んなことを言葉で説明してしまっている節がある。 つまらないなとい思う製品だと、いちいち色んな文章で製品説明をしてくる。使い方は必要だけど、それに関する周りの事象やなんかまで全部。

そういうのをみると「いやいや、その説明なくてもわかるよ」って言いたくなる。 つまり、その説明こそ、相手を軽く見ている気がする。

なんでそんな説明したがるのかなー。ぼくはそれって結局は自信が無いことに繋がってる気がしている。自分もそういうことが多々あるから、よりそう思う。

素晴らしい製品はだいたい説明がほとんど無い。だから想像するし考えて楽しむ。そうすることでその製品がより奥深くなると思う。

企画書ってものを書いてるけど、説明しがちな文章を見て、自分に嫌気がさしてきた。説明なんていらなくて、製品が自然に語ってくれる。そう信じている。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page