top of page

「264」迎えに行くこと

仕事上、車を運転することが非常に多くて、昨日も高速を使って名古屋へ行っていた。18時頃仕事を終えた頃にはすっかり日も暮れて、真っ暗な夜だった。帰りは高速を使っても下道でも、結局混んでしまう場所があるから、途中まで下道を使った。

帰宅ラッシュの時間にさしかかってしまったから、案の定混んでいて、信号で毎回止まらされる。疲れた時の車の運転はやっぱり辛い。それでもちょっと迎えにいかないといけない人がいたから、頑張って車を走らせた。

そんな時にふと思ったことがあって、それは「母親がいつも迎えに来てくれていた」ことだ。

小学校の頃の習い事や、スポ小の帰りなんかはいつも、終わったら必ず待ってくれていて、夜の道を母親と車で帰ったりした。ぼくが東京に上京してる時も、地元に帰省する時はいつも岐阜駅のロータリーまで迎えにきてくれた。夜遅くても、必ずきてくれた。仕事や家事で疲れているにもかかわらず、着く時間を連絡したら、その時間に待ってくれている。

あんなありがたいこと、なかなかないよなぁと、染み染み感じていた。 疲れてる時に、わざわざ準備して迎えに行く。テレビを見てる途中だったり、何か作業してる途中だったり、眠かったりしただろうに、それでも迎えに来てくれる母の愛情を、渋滞してる車の中で改めて感じながら、物思いにふけっていた。

「相手の立場になって初めて分かる」とは、まさにこんなことを言うんだろう。 その相手に、たった一言ありがとうと言ってもらえるだけで、迎えに行った甲斐があっただろうに、当時のぼくは「おー」ぐらいしか言っていなかったなぁと、思い出していた。それでも迎えを断ったことがない母は、やっぱり偉大だ。 昨日はそんなことを思った帰り道だった。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page