top of page

「259」愚痴と時間

悩みを聞いたり、愚痴を聞いたりしていても、やっぱり楽しくないんだよなぁ。

例えばぼくが「だったらこうすればいいじゃん」と言っても、相手は「それは分かるんだけどねー」と、基本的に意見を受け入れない体制が出来上がってしまっているから、それをいろんな話を交えて、打ち砕こうとしても、本人が本気で変わろうとしてなかったら、ぼくの意見なんてなんの意味のないものだと感じるから。

悩みや愚痴は、根本的には「聞いてほしいだけ」ということで「解決したい」とは違うというのはなんとなく分かるけど、でもそれって聞いてる相手からしたら、すっごい都合のいいように使われてるなーと感じたりする。

悩みや愚痴や苛立ちや不安は、誰しもがどこかで持っている。それを全く吐き出すなとは言わないけど、でも、人に話す以上、その人の意見を求めてることと捉えられるんだから、しっかりと意見を聞くことをしてほしいよな。

いや、自分の意見が正しいと言ってる訳じゃないけど、いろんな意見を聞き入れて、それから自分の中で消化し「これからどうするか」という時の参考にしっかりしてほしいもんだよな。

悩みや愚痴を言うために呼び出され、食事をして、時間もお金も使わないといけない。ぼくが上手く生きてるなーと思う人は、そういうことにあまり時間使わないようにしてる。だからぼくも、友人や仕事、付き合いと言われる全部が全部に参加はしないようになった。選んで参加するようになった。

結局のところ、時間は有限であるからそのことを忘れないでほしい。 久しぶりに人の愚痴を沢山聞いて頭も使ったけど、結局それが実になるかどうかはわからない。そう思うと残念だ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page