top of page

「253」やられた感

「やる気の源は、自分が素直に面白いと感じたことをやることだ」 SNSでこの言葉を目にした時、自分が今まで思っていたにも関わらず、なかなか言葉に出来ていなかった言葉であり、これには”やられた感”を覚えた。

こんな分かりやすく明快な言葉なのに、なんで今まで自分の言葉で発したことがなかったんだろうか不思議だ。

こういう「やられた感」って、作品作りとか、色んな場面で思うことで、簡単に言えば悔しいってことだけど、自分の中にも必ずあったはずのモノだから、それを先に言われたり、やられたりする時の悔しさったらない。

そういうモノを自分が誰よりも先に発見したり、発信したりすることは、どれだけ気持ちよくて、どれだけ「見つけた感」があるんだろうか、その喜びったらないんやろうなー。専売特許というか、先にやった者勝ちの世界だな。

きっと服や音楽、芸術やなんか、とにかく創作の全般にはこの「やられた感」が存在していて、みんながやられた悔しさをどこかで常に持ってモノを作っていて、そう思うと先にやることの強さったらない。

まだまだやられてないことが山ほどあるだろうし、ぼくも服でそれをやってみたいな。そして誰かに「やられた感」を持ってもらい、その人の創作魂をもっと燃えさせたい。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page