top of page

「252」昼寝

日曜日しかできないこと。それは昼寝だ。これほど至福の時はない。 差し迫る時間もなければ、追い詰められる危機感も。

日曜は福井の方へサーフィンに行くつもりで、朝5時に起床、6時出発だった。 前日の友人の調べでは、愛知県田原市よりも波がいい感じだという情報を入手し、今年最後の海だなーと意気揚々と出かけた。

行く道中、改めて当日の波情報を調べたところ、福井方面(日本海側)はどうやら波が全くないフラットな状態らしく、それを知ったのは朝9時頃。福井県の敦賀を過ぎた辺りだった。一気に気持ちが萎え、一気に眠気が襲ってきた。

こりゃあ行っても仕方がないなってことで、帰路に着いたのだった。家に帰ってきたのは12時頃で、午前はドライブだけとなった。 朝早く起きていたせいもあり、ひどい睡魔に襲われ、食事もしないでそのまま昼寝に入った。

なんの気負いなく、ただ眠いから寝る。こんなに気持ちいことってないなーと、波が無くてやむなく帰ってきた疲れも、この眠りを味わうためのスパイスだったと考えると、ものすごい心地よく寝れた。

15時半頃まで、約3時間くらい眠った。起きた時はまだ日が差していて、ものすごく気持ちよかった。寝るときにかけた「アイアン&ワイン」の曲も安眠効果があって、これほど満足した眠りは久しぶりだった。

平日ではなかなかできない昼寝。こりゃ今後は病みつきになるな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commentaires


bottom of page