top of page

「248」怒られたこと

以前に怒られたことを、なんでかふと思い出した。

ぼくは親父と一緒に仕事をしていて、まあそうじゃなくても、いつか安泰してもらいたいと思っている。それが早いに越したことはないと思ってる。 それと、自分自身も、もっと独り立ちできるようにならないといけないという焦りもあって。

それは、親父や、その友人の人たちと食事してる時に、「まさきはこれからどうしてくんだ?何をやってくんだ?」と聞かれたから「早く一人前になって、オレが親父を楽にさせてあげたい。」と言った。正直今でも自分の気持ちは変わらないし、この発言が怒られるキッカケになった理由がわからないが。。

「子供が偉そうにそんなことを言うもんじゃない。舐めてる」的なことを散々言われ、ものすごい言い合いをしたのだ。

自分が、息子が30歳くらいの親父になったことがないから分からないけど、それって果たして舐めた発言だったんだろうか?未だに不思議だ。しっかり話を聞くと「まだまだ現役で出来るって気持ちがある人だから、プライドもある。だから偉そうなことを言うもんじゃない」ってことだったけど。。

プライドやどうこうは分からなくもないけど、でも、ぼくも一人の自立する大人として、自分の思いに嘘なく発言しただけだったし、それを真っ向から否定されて、なおかつ間違ってるって言われるのは、どうも気にいらない。 親父を超えるとかそんなたいそうなこと言ってるわけじゃない。ただ、なんとか俺が頑張らなあかん!という思いだけで言っただけ。

これがどうしても今でも腑に落ちていない。 なんであんなに怒られたのか。不思議でならない。 そのうち分かるもんなのか?結果を出してから言えってことなのか?

自分もその立場になってみないと分からないのかもしれないけど、でもやっぱり納得できない。そんなことを、ふと思い出したのだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page