top of page

「240」結果と憧れ

メジャーリーグで二刀流の大谷が新人王獲得したって、スッゲーなーって単純に思うし、スポーツって「結果」が非常に分かりやすくて良いと思う反面、結果が出せなかったら一瞬で終わっちゃうし、恐ろしいなとも思う。

そう考えると、日の目の当たらないぼくらの仕事は、その「結果」というのが非常に分かりづらく、スポーツ界での結果という生死を分ける様な局面に立ってるって自覚はなかなか無い。

汗かいてがむしゃらに頑張ったぞ!って日があっても、自分の中の満足で終わってしまうというか。そりゃあメジャーリーグの世界とぼくらの一般生活者の評価の大小を比べてしまうと、小さな小さなものでしかないだろうけど、でもぼくらも大谷と同じ様に、日々、自分の中の何かの目標と向き合っていき、コツコツとやり続けることはできる。

彼が野球の筋肉をどんどん付けている間に、ぼくは服作りの筋肉を日々つけることができる。どちらも自分が後悔しない様に、日々続けることで、成長に繋がっていくし、それが大きな結果をもたらすかどうかなんて考えないで、「納得」を積み重ねていくことが、一番大事なことなんだと思う。

ぼくらは日の目は当たらないけど、日の目が当たらないからこそというか、服作りの選手としての寿命は非常に長い。簡単に結果はでないかもしれないけど、簡単に選手生命が終わったり、戦力外通告されることも確率的に少ない。

大谷はスッゲーなーって単純に思うけど、いいなーっていう憧れはない。 いや、全くないわけじゃないけど。。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page