top of page

「232」制限と破壊

全てのことを自分で決めるということは「自由」に思えるかもしれない。でも実は、いろんな制限がなくなってくるわけだから、本当に自由と言えるのだろうか。自由とは制限やルールがあるからこそ生まれる概念だということに基づいて話をしてみる。

ぼくの場合、事業を後継してて、父の考えややり方が大いに残った状態で、現在も事業を進めている。「今までやってきてること」という制限が、ぼくにとっては非常に邪魔で、やりにくいと感じることが多々ある。いっその事全て取っ払ってやっていくべきだとぼく自身感じている。

が、しかし「今までやってきてること」の中には、もちろんいいことが多く含まれる。技術面であったり、運営データの蓄積であったり、顧客データもそう。いろんなものが含まれてる状態で進めれていることは、一から起業するよりはいいことも多い。そこから”制限を広めていく”ことができる。

反対に、古くなってしまってるものは、非常に厄介で、それがさっき言っていた考え方ややり方の部分。これが”動かない制限”になってしまっていると厄介だ。

ルールや制限を広めたり縮めたりして、その中での自由を作って行くことが大切なんじゃないかなと考えてみたり、はたまた、全部ぶっ壊してしまって、新たに構築していくことも必要だったり、個人的にも会社的にも、そのあたりを考えているところだ。

ちょっと自分でも何言ってるかわからない日記になってしまった。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page