top of page

「228」未来と家

この日記でいつ何を書いたかなんて全く覚えていないのは当然だ。そんな中で、いつか書いたと思うけど、東京と地元を半々くらいで行き来できるといいなぁって書いていた。

カレンダーに「東京出張」と書いた予定が、以前よりも多くなった。11月では3回、12月では今のところ1回。それぞれ2〜3泊くらいの予定で。この回数がもっと増えてきたらいよいよ、東京でマンションを借りようと目論んでいる。

大体一回の出張で交通費や宿泊費で4万〜5万、接待費等入れるともう少しいくけど、それなりに掛かってくるから、2〜3回出張があったらマンション借りる方が安くなってくる。それにやっぱり向こうの方が色んなモノを直接観るコトができるし、色んな人とのやりとりも直接できるようになる。それが一番大きい理由だ。結構行きたい展示会や展覧会とかお店やイベント諸々に行けていないんだよな。

でももちろんぼくの場合地元に生産の拠点となる工場があるし、それが主となるから完全に離れて捨ててしまうことはこの先確率的にほとんど少ないだろうけど。フットワークは軽くしておきたい。

もっと言えば、何も東京だけじゃなく、もっと海外でも挑戦したい。と、今から思っている。広い世界がとにかく見たいし知りたい。

そうやって未来を想像すると、やっぱり「一軒家」を買うことはないだろうと思うし、必要ないって思ってる。せいぜい買ったとしても安い中古マンションをリノベすうる位で十分だと思っている。地元の同級生はだいたいみんな所帯を持ち、家を購入し始めてるけど、どうしてもぼくはその辺りに興味が無いようだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commentaires


bottom of page