top of page

「227」銀行とオワコン

うちの会社の実習生が、3年間の研修期間を終えてもうじき帰国する。今まで貯蓄してきたお金を中国の銀行に送金するため、名古屋の中國銀行まで1時間かけて行ってきた。

まず、高速を利用したから片道800円前後。それと、1時間かけて銀行まで行って、専用の駐車場や提携のコインパーキングすらないので、近くにあった15分200円のパーキングに止めた。銀行に入り、必要書類に記入。それと事前に必要な書類を数点用意していた。その労力と時間。

そして、実習生の子達はこうした書類の記入に慣れてなくて、間違えたりしてしまうから30分くらい時間を要した。書き終えていざ、受付に書類を持っていくと、必要書類が足りないと言われた。送金する金額が一人300万ぐらいずつなんだけど、聞くところによると、それだと源泉所得が2年分〜3年分は必要らしい。

「いやいや、電話で確認してから、わざわざ岐阜から1時間かけてきてる。言われた必要書類をちゃんと持ってきてるし、なんとかしてくれ。」とぼく。しかしなかなかウンと言ってくれない。もちろん海外送金では、書類がしっかりとしてないと問題がある場合があるから、その辺りはわかっているけど。。とりあえず源泉所得ではなく、通帳の入金サイクルで、2年分くらいの所得を辿ってもらって、なんとかウンと行ってくれてようやく手続きスタート。こうした押し問答で結局20分くらい。

それから手続き完了まで約30分。銀行を終えて駐車場での清算金額は1400円。約1時間半。帰りもまた1時間と高速料金約800円を払って会社へ戻った。 もうひとつ、数百万の海外送金は、手数料が1万前後?はかかる。とても高い。せっかくみんなが一生懸命働いて貯めたお金が、こんな手数料なんかにお金がかかってしまうから腹が立つ。

これ、結局何が言いたいかっていうと、こんなキャッシュレスの時代に入っているにも関わらず、銀行の手続きがいかに、物凄い時間と労力のお金の無駄使いであるということがわかる。ぼくが冒頭から書いてる文章をみればわかるけど、こんなの読むのもめんどくさいくらい、本当に時間と労力とお金の無駄使いだと思う。

仮想通貨しかり、ネット上でのオンライン送金がもっと主流になれば、交通費、ガソリン、労力、時間、これら全てを綺麗にカットできるのに。それにオンライン送金なら手数料なんかほとんどにかからないだろうし。

もう銀行なんて本当に必要ない時代だなって思う。本当、こうしたアナログの無駄なところを早くデジタルにしてほしい。オワコンだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commentaires


bottom of page