top of page

「220」自立とモノづくり

自分の今までの人生を振り返って、非常によくなかったなーと思う時って、だいたい「問題から逃げ出して、それで解決してしまった」時だ。

いろんな場面でこの「逃げ出す」という癖がついてしまっていたからこれまたたちが悪かったなーと、今では心底思う。問題から逃げ出して、放っておけば自然となかったことになったりして、そうやって悪い流れに身を任せてしまってしまったのは、自分の人生の汚点だとつくづく思う。

この癖はどうしてついてしまったんだろうかと考えると、それは家庭環境に問題があったと思う。基本的にぼくの家は、父が主導権を握っていて、最終的な判断はだいたい父が下していた。父は中小企業の経営者であったし、困ってる人のためならつい頑張ってしまって、自分や周囲の家族がその苦労を分け合ったりしていた。

これは決して父が悪いとか言ってる訳じゃなく、その姿勢は人間味が溢れ、そんな父の影響はぼくも多少受けていると思う。困ってる人に情を流されるというか。 と、そんな父がいたからこそ、それゆえ、最終的な尻拭いを父がやってくれていたから、自分が何か困った時もどこかで「親父が何とかしてくれる」と思ってしまっていたのが原因だと、今は気づいて自覚している。

例え失敗しようが、うまく行かなかろうが、自分のケツは自分でちゃんと吹くということが、ぼくにとっては親ばなれであり、大人になるということであると思う。

そしてまた、ぼくの場合は、仕事を受け継いでやっているから余計、自分で資金を回していくこと、生活を作っていくことが必須とされる。さらには、父も60になり、本質的な世代交代を今迎えている。それはもう、親父を超えるとかどうとかじゃなく、自分自身をこの社会の中に作り上げていくことが、まさにぼくが取り組まないといけないことだ。それが自立ということだろう。

それで父や家族に恩返しできれば、尚良い話だ。 ぼくが現在進めている企画は、背景には、こんな個人的な感情も詰まっているということだ。それが形に、服になるって、自分でも面白いと思う。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page