top of page

「204」花鳥風月を考えたい

最近は、花鳥風月について考えさせられることが多い。これは完全に養老孟司氏の話の影響だけど。なんで考えさせられるんだろうか。

ぼく自身、田舎には住んでるけど、山や草花、土とかそういった自然に対して深く考えているわけでも、何かで関わっているわけではない。普通に衣食住を行い、生活しているだけで、なんの変わりもないごくごく普通の生活者だ。

だけど、モノを作ったり企画したり、他にも何かを発信したりすることにおいて、花鳥風月というものは切ってもきれないモノなんだと、深く思うようになっている。というか「もっとそれについて考えたい」という心境なんだけど。

自然であるということって、何も山川海や生物だけでなく、ぼくら人も自然界の一部である。そうすると、どうしても生きることに対しての根本的な考えや思想の源は、自然から多くを学ぶことができるはずだ。なぜ風は吹き、川は流れ、花が咲き、生物が生きて、太陽は存在してるのか?とかそういったことを考えざるをえない。

しかし面白いことに、すべての花鳥風月に理由なんてない。ただ共存していて生命活動をしてるだけだということ。そしてぼくら人間は頭を使い、その自然からいろんなモノを得ている。衣食住がその主だと思うけど。しかし、その自然のモノを使い得たもので、害のある使い方をしてしまっていたり、あるまじきモノへと変貌させてしまったりもしている。

服を作ることも根本を辿っていけば、そもそも始まりは土から咲く棉花で、シルクだって蚕のマユを使って、それを人間の衣にしている。他にも木のボタンであったり貝ボタンとか、樹脂を使ってシリコンを作ったりもしている。他にももっと自然を使ってモノにしている。

ということは、ぼくが生活している上で、そして服を作る以上、花鳥風月については「考えなきゃいけない」「もっと考えたい」と、どうしても思うのだ。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page