top of page

「20」水に流す

どうやら”水に流す”っていう日本人の風潮のようなものは、間違っている気がしてきた。水に流すっていうことは、一切何もなかったことにしてしまうらしい。だから水に流すってのはなんかおかしい気がする。

いい意味で分かりやすく言えば「過去の苦い思い出を忘れる」ということが一般的なんだろうか。反対によく言われるのは過去が合って現在の自分がいるということ。(18、19の日記の未来から過去への話は置いておいて) まるでどちらも都合よく解釈していて、迷信のように思えてくる。日本の歴史なんかでも、特別詳しくはないけど昔の自国が人道的に悪いことをした歴史さえもどこか”水に流そう”としていたりしてる感じがするし、結局都合よく”水に流す”を使っている気がする。

あくまでも水に流すということは、”された側”が流すか流さないかを決めるもんなんじゃないのかなあと思ったりする。

ぼくも過去のことで、水に流したいことはあるけれど流す必要もない。むしろ流してしまっては生きている意味さえも感じられなくなる気がする。簡単には流せないし、自分を全否定しているようなもんだから。

綺麗だったり冷たかったり濁っていて少なかったり、そんな沢山の水の流れを持った大人の方が魅力的でかっこいい。そんな”いろいろある”大人になりたい。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commentaires


bottom of page