top of page

「187」所属

小中高と学生時代の自分を振り返ってみると、どこかのグループに属してた感がない。大抵は「ヤンキー」「優等生」「普通の生徒」と、大きく分けてこの3つくらいになると思うけど、ぼくはそのどこにも属していなかったと思う。

一つのぼくの特徴としては、どのグループであろうが分け隔てなく付き合っていたというか、それぞれに特別な感情を持ったりしていなかった。例えば学生時代はヤンキーがやっぱりカッコイイからって、みんな無理して悪そうにして「不良グループ」に属してたりしたけど、ぼくはそんなこともなかった。不良は好きじゃない方だからだけど。自分をグループに分けるなら「ただ頭が悪い奴ら」っていうグループかなあ。

当時はこういった所属グループ的なのをあまり意識して考えたことはなかったけど、今こうして大人になってみて思うのは、そのスクールカーストというか、そういった集まりがそのまま、大人になっても延長戦で続いている気がする。結局類は友を呼ぶというか、似た者同士が集まって、世の中って回っているんだなーと感じることがある。良いとか悪いとかではなく、どこかのグループに遊びに行くと、似た人が集まってるなとシンプルに感じるということだ。

なんていうか、自分の属するようなグループがないから、今でもそれぞれの集まりとかに参加しても、自分のホームな感じはしなくて、だから一つのグループでじっとしてられない、ムズムズした感じはずっとあるというか。

サブカルって所属名も、なんだかぼくには違っている気がしていて。無所属のままが良い時もあれば寂しい時もあるし。きっと所属出来そうなグループが世の中にはあるとは思うけど、まだそういうグループには出会っていない気がする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comentarios


bottom of page