top of page

「185」付かず離れず

とある夫婦の形が、見ていていい感じだなと思った。 籍を入れて結婚していても、長年一緒に住んでいなくて、それぞれが独立して仕事をしていて、でも離れているわけじゃなくて、たまに連絡を取り合ったり、別にお互いが嫌いなわけじゃなくて、”何か”で繋がっているという、そんな感じ。

何かをやりたい人が考えるような、都合の良いように聞こえるけれど、「都合が良い」というのが、一番良いんじゃないかなと思う。ぼくの場合は特に、すでに結婚と離婚の経験をしているから特にだけど、必ずしも、ずっとそばに、一緒にいないといけない。という少し前の常識だけが正しいとは今は思っていない。

お互いにとって「都合が良い」なら、周りがどうこう言うことなくて、本人同士の勝手で良いんじゃないかなと。それに、一緒にいて上手くいってる夫婦は一緒にいれば良いということで。

なんだか、いわゆる普通でいる理由って全然無いなと、見ていて思った。一緒にいて喧嘩ばかりするんだったら一度離れて暮らしてみるのも良いだろうし、要するになんでも良いんだなと。

あくまでも理想だけど、ぼくとしてはそんな付かず離れずの関係性に、一番憧れを抱いているのだ。

付かず離れずとは、二人にとってちょうど良い距離感、というやつだろうか。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page