top of page

「18」思いつく人10000人、行動する人100人、続ける人1人

「思いつく人10000人、行動する人100人、続ける人1人」という言葉を聞いた。人は皆思いついたり考えたりするところまではするが、そのあと行動をしない。行動したとしてもそれを続けない。その10000分の続ける人1人というのが、いわゆる”プロ”や”天才”と呼ばれるらしい。

まず思いついたことをの時点で第一の挫折があり「あ、これは自分にはできなさそうだ」とか「めんどうだしやめておこう」とかその時点でほとんどの人が土俵に上がるのをやめる。さらに行動したところで、精神的、対外的、環境などいろんな理由で「続けるのが困難」な状況に見舞われたりすると。

すなわちずっと続けることというのは相当なモノらしい。 いや、でもこれも、昨日の日記で書いた”未来は現在から過去へ向かってくるものだ”という考え方に変わりさえすれば、もしかしたら続ける人になるんじゃないかなとなんだか思えてきた。

結構いろんなところで話を聞いたり情報を集めたりすると、その情報はどこかの先でつながってくることがなんとなく多いように感じる。「好きの先は、横並びで繋がっていた」という経験が過去にあったけれど、それはやっぱり本物な気がする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page