top of page

「179」天赦日

今日は「天赦日(てんしゃにち)」という日らしい。(詳しくはリンクからどうぞ) そんな呼び名の日があるなんて、今まで全く知らなかったけれど、親友の母親に教えてもらって意識するようになった。

神や信仰を、信じるとか信じないとかそういう話じゃなくて、ちょっとそんな日だし、他の日よりも特別にしてみようと思うのも結構楽しいことだ。

この天赦日というのは年に5〜6回ほどあるらしいけれど、なんでも今年の9/13は、その数回の中でも最も、ズバ抜けて吉日らしいのだ。だからとにかく今日はどんなことを初めても良いというか、うまくいく日らしい。今まで躊躇していたことを始めるにももってこいの日らしい。大安などの吉日が重なりまくってる、この上ない吉吉吉吉吉吉吉吉日みたいだ。

それでぼくはちょっと前に、何とな〜く宝くじを買ったら、ちょうど9/13が結果発表の日だった。これは無性に期待が膨らむぞ。めっちゃ楽しみだ。(宝くじを買った理由は、ものすごいキレイな夕日を見たり、他にも日常で”いつもとちょっと変わった何か”を目の当たりにしたら買ったほうが良いという話を聞いたから。)

と、まあそういう楽しみ方も良い。 ※ちなみにこの日記は昨日9/12の夜に書いているから、結果を現時点では知らない。

それと、改めて今進めているものづくりの試作を再スタートさせる事にした。今は工場が繁忙期でなかなか手を付けられなかったけど、天赦日を理由に強引に入れ込む事にした。これが何よりも一番の楽しみだ。更にちょっとそこで新しい試みをしてみることにしたから余計。ここでセレンディピティ的な何かが起これば尚良いな。それに偶然か必然か、ちょうど9/13に、待ち望んでいた開発中のボタン見本が届くのだ。これは絶対何か良い兆しだと思う。とにかく9/13は期待大の日だ。

他には、新規事業の開業届けを出そうとも思ったけど、ちょっと間に合わなくてそれはやっていない。その代わり、来年の天赦日に合わせてやろうと思ってる。あ、これもまた楽しみだな。

年に数回しかない、こういった日を楽しむのもまた、人生の楽しみだな。もしこの日記を見て「天赦日」を知った人がいたら、是非今日、何か始めたり、滞ってた事を再度やり始めたりしてみてほしいな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Commenti


bottom of page