top of page

「172」男親

久しぶりに親父とお酒を飲みに行った。ぼくら親子は、他の家庭に比べると、比較的仲の良い方なんだと思う。一緒に仕事をしながらでも、こうしてたまにお酒を飲みに行くということは、あまりしないらしい。

少し前まではもっと飲みに行く回数が多かったけど、今では随分と減って、今回飲んだのは結構久しぶりだった。なにか特別話しがあったわけではないけど、なんとなく仕事のことでお互い行き詰まってたりしていたのを感じてたから、今回はぼくから誘ってみた。そんな雰囲気だったというか、誘うタイミングだと感じたからだ。

お酒を交えると、なにが良いかって、普段話さないようなこととか、心の内に思っていたこととかを、お互い言い合えるから、こうした機会も結構必要だと思うのだ。

男親って、そうでもしないと中々普段話さないもんだ。

いつも行くスナックに、親父と同世代の人たちや、それより少し上の人たちがいて、そんな話をしていたのだ。思ってることをハッキリと息子に言えていないというか、言わないようにしているというか。なんかほとんどの親父たちがそういうもんみたいだ。

背中で語るというか、見て覚えろ!的な感じ、やっぱりどこの男親も一緒なんだな。

息子側のぼくからすると、確かにイチイチあーだこーだは言われたくない。だけど喋らなすぎるのもどうかと思う。良い距離感がきっとそれぞれの親子にはあるだろう。 背中だけで語られてもわからない時はわからないし、息子から見た良し悪しだっていろいろあるだろうから、たまにはこうして飲んで話すことも大切だ。

久しぶりに親父と適当な話や仕事の話をして、お互いちょっとスッキリした感じはある。仕事の質もまた、これでちょっと良くなる感じがする。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page