top of page

「169」捉え方や感じ方。

今日はすっかり暑い陽気もなくなって、秋の季節に入ったような感じがする。旧暦からすればとっくに立秋を迎えていたけど、今は9月過ぎから、いやむしろ10月からの方が秋っぽい。旧暦ってより、今の気候を考慮して四季を決めれば良いのに。とさえ思う。

これって現代の「時代遅れ」的な考え方に非常に似ている。つまり今までやっていた既存のやり方が否定されはじめていて、時代についていけなくなって、取り残されていっている、メディアで取り上げられているような事例と同じように。

過去があったから、今があるという考え方は確かだけれど、でも、今を生きていく中で、過去にすがったり、未来を憂だり、というのはちょっといかがなもんかと思う。

先日、とある若手ファッションデザイナーと話をしたけど、ぼくより10個くらい年齢が離れている。10違うだけで、世の中の感じ方も、捉え方も、センスも違う。これだけ違うことを、ぼくらは受け入れないといけない。それは違うだのどうだのって、ぼくらが決して言えることではない。世代なりの考え方や感じ方はあっても良いけど、どれが”良い”なんて決定付けることは間違っていると思う。それに年上だから、経験者だから、と偉そうにするのもぼくは違っていると思う。年代が違おうが、センスが違おうが、観点が違おうが、「そういう捉え方もあるんだ」と、常に素直に受け入れることって、自分にとっても、彼らにとっても、ものすごい重要なことなんだな。

それを、ましてや権力や金でねじ伏せてしまうことは重罪であるし、そうじゃなく、影でこそこそとアイロニーたっぷりでいることも違うと思う。

ただただ、時代と同じように、新しい捉え方や表現方法はどんどん出てくるし、それに対して常に柔軟でいないといけない。

同世代とでは話せない、面白い考え方を聞けたことは、ぼくにとって非常に重要な時間だったな。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page