top of page

「160」丁度1年くらい

9月に入ると、この「やまだまさき.com」のサイトを作ってからちょうど1年になる。よく「ホームページは、立ち上げた当初は砂漠の真ん中に店を出すようなもの」的な言われ方をするけど、まさしくその通りで、はじめは一切誰の目に触れることもなかった。

それからSEO対策をちょっとずつやって、今では月に1000ビューくらいになってきた。(いや、ブロガーに比べると100〜1000分の1だけど)丁度1年で丁度1000までくるとは切りがいい。面白いことに、途中から、記事が増えるごとに、毎月100〜150ずつビューも増えていった。そうやって知らない人へ発信することができるインターネットの面白さを、生で体感している。

知らない人が、このサイトを見てどんなことを思ってるのかはぼくはわからないけど、いいと思った人は連絡をくれたりするから、それは面白い。メディアなんかは、その知らない人に「いかにみてもらえるか」という視聴者目線でものを考えているから全然面白くないんだよな。だからテレビを見なくなって当然。面白くないもん。

このサイトをやるにあたって、確かに何度か視聴者目線で考えそうになったことはある。「96%の日本人はメイドインジャパンを知らない」というカテゴリーでは、完全にアパレル業界向けに書いてたりするから、そのアパレル関係者へいかにわかりやすく書けるか、ということを意識したりはする。だけどあくまでも”好意を持ってもらうため”に書いているわけではない。ハッキリとぼくの目線でものを書いている。だからいいと思ったら新聞の取材依頼も入ってくるし、新しい取引先にも出会えたりする。それでいい。よくないと思ったら見なくていいんだから。

こうやってまた1年やったら新しく気づく何かがあり、2、3、4…と繰り返していくんだろうな。だけどサイトを続けるにあたり、一つだけ変えないで行こうと思うのは、「目標を一切持たないこと」ということだ。もっとも大切な”今”を見失わないために。

”過去を悔やまず、未来を憂えず、今ここに生きる”

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Коментарі


bottom of page