top of page

「158」何を話そうか。

友達と話していて、ふとその友達が言った。「童貞みたいなこと言うけどさ、女の子と何話したらいいか分からん時あるよな」と。これ、30代の男が言っちゃいけないというか、恥ずかしくて言えないことだと思うけど、確かにそれって結構わかる。そんな時、以外と結構あったりする。

結論的に言うとそれは「特に話すことがない」ということに落ち着いたのだけど、興味がなかったりとか、話したいことがなかったら、別に無理して話す必要もないんだろうけど、男たちはどうやら自然と頑張って無言を作らないように、その間(ま)を埋めようとしている。らしい。

それは確かにそうで、ふといきなり女の子と二人になったところで、別に話すことはない。まあ男と一緒になってもそんな時はあるくらいだから、女の子だからってそこまで考える必要もないんだろうけど。でも、”話さないといけない空気”を感じるのだ。この場合、相手も同じようなことを思っているんだろうか?ちょっとその辺りが謎なんだけど。。一つや二つばかり、ユーモアあることを言った方がいいんじゃないかって考えてしまう。

でもまあ、男女なんてきっと無言な状態でもいられるような居心地いい人と、一緒になったりするんだと思う。もしくは、やたら波長があったりする人、空気感が同じ人、そんな人とは自然と会話も生まれるもんだ。

だから「特に話すことがない」なら、無理して話さなくてもいいんじゃないかなって最近思っている。ま、自然体でいることが一番いいということだ。と、いいながら、無言な空間を迎えると、なんか気の利いたことを言おうって考えちゃうんだろう。それって男のサガなんだろうか。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

תגובות


bottom of page