top of page

「154」遅咲きかも

だいたい30代というのは、20代にやってきたことの延長戦のように思える。20代で専門的な知識を身につけ、それを30代で大いに生かすというような。

10代後半〜20代前半で、何をやるか多少なりとも決まって、20代前半〜後半にかけて、それを黙々とやる。そして30代で開花させる。といったところが、ぼくが見る世間への偏見だ。そうじゃない人もたくさんいるから、偏見といっておく。

ぼくの場合なんかは、そうじゃない側で、10代後半〜20代にかけて、特に何も目標などなく、なあなあと、時や運の流れに身を任せていた。なんとなくで、親父の会社に務めたけど、早期結婚早期離婚もあり、会社を辞め、20代前半でお笑いの夢を追いかけるも、自分自身で棒に振り、定職にもつかずアルバイトをこなす日々で、20代半ばから、また改めてこのアパレル業界の仕事をスタートした。20代後半で当時夢だった自分のお店を持ったが、勢いはあったもののこれもいい失敗に終わり、さらにもう一度離婚を経験して、現在に至っている。この経験を経てやっと、今これだと思える自分のものを発見できている。

そうこうしている内に、地道に努力してきた同世代は、会社でもある程度いい地位まで上り詰めてたりしている。

さて、ここからぼくがいかに同世代と差をつけられるのだろうか、それが今後の楽しみである。

一般的な生き方もいいが、ぼくのような生き方だってあると思う。確かに一般的なほうが、いろいろと安定しやすく、さらに基本的に周りと同化できるし、周りの同調を得られるだろうけど、そこと対比にいる自分のほうが、可能性を秘めているとぼくは常に思っている。

ぼくの場合は30代の努力から始まり、40、50、60代と、その先の人生を開花させ、謳歌していきたい。こうした遅咲きの花もきっと悪くはないはず。これがもう少し早く見つかっていたらなとも思ったりするけど、今だから見つけられたことなんだろう。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page