top of page

「151」5回目の海へ

お盆の休み中に、3回も海に行った。ぼくらの工場の休みは11〜14までと、かなり短かく、4日間しかなかったけど、そのうちの3日間を海で過ごしたのだ。例年稀に見るくらいのハイペースで海に行ったことになる。お盆前にも2回くらい行ったから、この夏は合計で5回海に行ったことになる。

去年からサーフィンを始めたからというのもあるが、こうして海に行く回数が増えることで、少し疑問が湧いてきた。「オレってなんでこんなにも海を求めてるんだ?」

夏だから開放的だというのは分かりやすい理由だけど、そうじゃなくて、なんで川でもなく、山でもなく、海に行っているのだろうか?特に今年は、3週間くらいの間で5回も行っているんだから、いつもの自分よりちょっと度が過ぎている。自分でも不思議に思っていた。

だけどなんとなーく、5回目に行った時の、ものすごい綺麗に海の中に沈んでゆく夕日を見た時、心を無にしてくれるというか、”何か”を綺麗さっぱり洗い流している感じを覚えたのだ。それが、海に行ってしまう理由なんだろう。

それとは、きっと日々の生活の中で、知らないうちに自然と”何か”が溜まっていっているその”何か”のこと。その”何か”とはストレスなのか、ただの疲れなのか、もしくはモヤモヤだったり、深く心の奥底に残っているものだったりと。人それぞれだと思うが、はっきりとしているのは、ポジティブな溜まり方ではないものだ。

それを、”自然”が解決してくれるというところに、海の良さがあるんじゃないかな。人間なんかが持ち備えていない、大きな器を自然は持っていて、いつでも受け入れてくれる。そんな器のでかさに、人間は甘えに行っているんじゃないかな。少なくともぼくはそうだと感じた。

ただ服を脱いで、裸になるだけの気持ち良さももちろんあるが、それとは違っていて、もっともっと、深くドーンとそこに構えてるあの感じ。海はそんなところだな。 海なし県に生まれたから余計ということもあるだろうけど。去年よりまた海が好きになった。

関連記事

すべて表示

づけづけと遠慮がない。

ウチの会社に来ている中国人実習生の一人が、今年の9月に3年の期間を終えて帰ることになる。みんな日本に来て数百万も貯めて帰る間際に母国に送金をする。とても感心するし立派だ。 というわけで送金したいという一人を連れて名古屋にある中国銀行の支店へと行った。説明はいらないと思うが中国銀行というのは、日本の中国地方の銀行ではなく、中国国内にある銀行で、その日本支店が日本国内に数店ある。名古屋はその内の一つだ

Sundayから始まる感覚

海外の習慣?文化?感覚?は、日本の感覚とは違うらしい。 と、ずいぶん前に何かで目にした。(海外と言ってもどこかすら忘れた) それは何かっていうと、日曜日が週の始まりだということ。 英語の曜日を覚える歌でも必ずSunday Monday Tuesdayという順番になっている。そういう意味だったのかと、この歳になって気づいたんだけど。 対して日本では日曜日を週末というくらいだから、週の最後だと捉えてい

Comments


bottom of page